安全性は大丈夫?ボトックス注射とはどんな治療方法?

admin
2019年9月29日

そもそもボトックスとは何か

ボトックスとはボツリヌス毒素から抽出、生成された成分です。このボトックスを注射することでしわや多汗症、小顔に効果があると言われています。このボトックス注射は治療行為にあたるため、一般的なエステやサロンでは行うことができず、治療には専門的な技術が必要となるため、認定を受けた病院及びクリニックでのみ治療を行うことが出来ます。ボツリヌス毒素と聞くと安全性に不安を覚える人もいると思いますが、ボトックスはボツリヌス菌そのものではないので、毒素はなく更に治療に使用されるものは生理食塩水で薄められるため副作用の心配もほとんどありません。筋肉を一時的にマヒ状態にさせるため、治療後に突っ張るなどの症状が現われることもありますが、時間の経過と共に消失します。

ボトックス注射で期待できる効果は

ボトックス注射で最も期待される効果が顔のしわの改善です。特に笑った時に出来る目尻のしわや、眉間のしわなどの表情しわに効果を発揮します。また、食べ物を咀嚼することで発達してしまった顔のエラ部分の筋肉に注射を行うと、注射された部分の筋肉の働きを弱めるため小顔効果も期待できます。同じようにすっきりさせたい部分の筋肉に注射を行うことで部分やせ効果が期待できるため、ふくらはぎにボトックス注射を行う方も多いです。それ以外には汗で気になる部分にボトックス注射を行うことで、多汗症の治療にも効果があるとされています。特に脇部分は匂いの原因にもなるため、脇の多汗症で悩む方にもおすすめです。ただし、ボトックス注射は永久的に効果を得るものでは無いので、定期的に治療を続ける必要があります。

多汗症の人は交感神経の働きが過剰になり汗の分泌を多くしてしまいます。ボトックスは発汗を促す伝達物質(アセチルコリン)の分泌を阻むので、大量の発汗を抑制する効果があります。